TOPへ戻る  >  FXの取引はどこでする?

FXの取引はどこでする?

外国通貨を売買取引することによって利益を得る、外国為替証拠金取引であるFX。このFXの取引は、一体どこでどのようにするものなのでしょうか。ニュースなどでよく耳にする「東京外国為替市場」という言葉。この言葉を聞くと、東京に外国為替を取引する市場があるように思うかもしれませんね。たとえば株取引の場合は東京証券取引所を代表とする建物があり、取引の時間も午前は9時から11時まで、午後は12時半から3時までと定められています。でもFXには、建物としての市場は存在していないんです。

FXには確かに「東京外国為替市場」という言葉が存在します。でもこれは建物を持つ市場のことではありません。じつはFXの取引市場である外国為替市場は、世界各国がオンラインや電話などによってつながることで開かれている、バーチャルな市場なんです。しかも世界各国には時差が存在しているため、この外国為替市場は24時間常に世界のどこかで開かれているんですよ。そのため、市場の開かれている時間が限定されている株式取引などとは違い、FXの取引は24時間いつでも行なうことができるんです。

では、あなたが実際にFXの取引を行なうためにはどのようにすればいいのでしょうか。実際に取引を始める際には、FXトレードを扱うFX会社にあなたの名義の口座を開設する必要があります。そしてそのFX会社を通して外貨を取引することになるんですよ。24時間常に取引が行なわれている外国為替市場では、今この瞬間も外貨レートが常に動いています。このようにFX会社を通しながら、オンラインや電話でつながっているバーチャルな市場で取引が行なわれるのが外国為替証拠金取引、FXなんです。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 100通貨単位からはじめるFX取引. All Rights Reserved.