TOPへ戻る  >  FXで扱う外貨とは?

FXで扱う外貨とは?


さまざまな外貨を売買することで利益を得るFX。このFXでは一体どのような国の通貨を扱うのかご存知でしょうか。「外貨」と聞くと、一般的にアメリカのドルや、ヨーロッパで使われているユーロなどを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。もちろん、こうした多くの人が知っている外貨はもちろんのこと、FXではもっとさまざまな外貨を取引することが可能なんですよ。

たとえば、アメリカの「米ドル」やオーストラリアの「豪ドル」、イギリスの「ポンド」にスイスの「フラン」、南アフリカの「ランド」など、よく知られているものだけでもかなりの数があります。FXでは売り買いする通貨同士のことを「通貨ペア」と呼ぶのですが、FX会社の中には150以上の通貨ペアを扱っている会社がたくさんあるんですよ!

この通貨ペアは通常、「/」という記号とアルファベット3文字の通貨コードを使って表記されています。米ドルはUSD、円はJPY、ユーロはEURというような形で表され、たとえば円と米ドル表記は「USD/JPY」というような形になるんですよ。この際、左側に表記されている通貨は取引通貨と言って、実際に取引する通貨になります。一方、右側に表記されている通貨は決済通貨と言って、取引の差損益やスワップ損益が発生する通貨になります。

このような英語表記は、FX会社やプロのトレーダーなどから発信される情報で多用されています。これからFXの取引を始める中で、ほとんど毎日のように目にする表記になってくるので、覚えておいて損はありません。できるだけ多くの通貨の表記をしっかりと覚えるようにしたいですね。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 100通貨単位からはじめるFX取引. All Rights Reserved.